• ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|ホームへ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|アインの思いへ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|店舗紹介へ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|お問い合せ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ
ブランド洋食器専門店のアイン/カートを見るブランド洋食器専門店のアイン/ログインブランド洋食器専門店のアイン/ご利用ガイドブランド洋食器専門店のアイン/よくある質問

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

CALENDAR

2020年9月の定休日
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2020年10月の定休日
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

※赤字は休業日です

  • 残りわずか
商品コード:
HoSMTHi

ヘキスト・シュロツマインツ ホフラート・兼用(ハイ)C/S-1 30%Off

通常価格(税込):
198,000
販売価格(税込):
138,600
関連カテゴリ:
ヘキスト
ホフラート(宮廷官)シェイプ

この 幻の銘品を 手にとることが出来るのは お熟成洋食器店アインならこそ!

本来ホットチョコ用(お姫様用に スラリと 可愛いシェィプ。中世 お姫様たちの間で ホットチョコを飲むのが 流行ました。まるで ホットチョコを飲まないと お姫様で無いかのように。そのお姫様用に 贅を凝らした 優美なC/Sが 作られました) 今は兼用

ルイ15世の王太子妃マリア・テレサ(スペイン王室の姫。2番目の王太子妃が かのアウグスト強襲王の 孫娘マリアヨゼファ磁器王女・ルイ16世の生母)をして「王とチョコレートは わらわの ただ二つの情熱」と言わしめたように 中世ヨーロッパにおいて ホットチョコは 上流階級用の 高級飲料とされておりました。片やオスマントルコ伝来のコーヒーは オーストリアのウィンナーコーヒーとして 花開くのですが 巷間 カフェが 繁盛しましたように どちらかというと 一般大衆用のものとされておりました。

紀元前1世紀 ローマ軍の駐屯地として開かれた町ヘキスト 
ケルンに次ぐ ドイツ2番目の歴史を持つ町に ドイツ2番目の古い歴史を持つ 窯として生まれました。

1746年 マイセン出身のレーベンフィンクら3人で 民窯として創業。1770年マインツ選帝候の御用達窯に。以後 候の紋章 車軸の輪印を バックロゴに許さる。フランスに近く ドイツにおいて 逸早く ネオクラシズムを花咲かすも 18世紀の大戦 7年戦争 ナポレオン戦争に 1796年 閉窯を余儀なくされる。

1965年 閉窯を惜しむ熱心な市民達に支えられて 遂に「幻の窯」が復窯。以後 伝統を重んじ 今だに 全工程手作り 職人魂の花を咲かせ続けております。

秘法漏洩-5 アルカニスト
財政難のパキエに 見切りを付けたフンガーも 出奔し イタリアのヴェッツィ窯に秘法を 売り込みました。ここからフンガーの マイセン秘法漏洩の 旅が始まり 利を求めて スゥエーデン,デンマーク,ロシアへと続きました。本間ものの アルカニストでない フンガーは マイセンにとって 余り脅威で 有りませんでしたが,ウィーン窯で マイセン秘法を会得し アルカニストとなった モテ男リングラー(欧州磁器の義父)の恋の放浪は マイセンにとって大変な脅威でした。1747年 弱冠17歳のリングラーは ウィーン窯の工場支配人の娘である恋人から 騙し取った ベトガーの窯の設計図を携え マイセンの絵付師レーベンフィンクの興した ヘキスト窯に行き 秘法を伝えました。ここには ウィーン窯の先輩ペンクグラフが 先に移っていたのですが 未完の彼は リングラーから 秘法を完全に会得し 1763年フリードリヒ大王立ベルリン窯の 創立に 秘法を伝えております。

ヘキスト窯
紀元前1世紀 ローマ軍の駐屯地として開かれた町ヘキスト。ケルンに次ぐ ドイツ2番目の歴史を持つ町に ドイツ2番目の古い歴史を持つ 窯として生まれました。1746年 マイセン出身のレーベンフィンクは アルカニストでもあるとして 2人の出資者を募り 3人で 稀な民窯として創業しました。しかし マイセンで 絵付師であったレーベンフィンクは 磁器の秘法を 金彩師フンガー同様 甘く見ていて 結果 白磁焼成をなしえず 2人の出資者と 諍いになり 1749年 ヘキストを離れました。翌年 恋の放浪アルカニスト・リングラーにより 秘法を伝授されたヘキストは 2年たたずして 白磁焼成に 成功しました。マイセンのロココ様式を模倣していた初期 やがて フランスに近く ドイツにおいて 逸早く ネオクラシズムを 花咲かせました。1770年には マインツ選帝候の御用達窯になり 以後 候の紋章 車軸の輪印を バックロゴに許されるほどの銘窯になりました。栄光のヘキストも 打続く18世紀の大戦 7年戦争 ナポレオン戦争の荒波に 翻弄され1796年 閉窯を余儀なくされました。
1965年 閉窯を惜しむ 熱心な市民達に支えられて 遂に「幻の窯」が復窯。以後 伝統を重んじ 今だに 全工程手作り 職人魂の花を咲かせ続けて おります。

一方 マイセン最大の脅威 リングラーがアウグスト強襲王の孫娘 マリア・アンナ・ゾフィア嫁ぐところのバイエルン・ニンフェンブルク窯の前身設立に 秘法を伝えたと言うのも 秘法漏洩により マイセンの独占が 脅かされることを嫌った 祖父の故アウグスト強襲王にとっては 皮肉な話です。
又一方 秘法師リングラーの噂を聞きつけた フュルステンベルグ公カール・オイゲン(侯の妹が デンマーク王妃 ジュリアン・マリー)が ルードヴィヒスブルグに呼び寄せて 名誉と名声に欠くべからざる 磁器窯を1759年に開設しました。これが ドイツ七大最重要古窯のひとつ フュルステンベルグ窯です。工場長に任命されたリングラーの放浪は ここに終わりをつげました。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。