• ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|ホームへ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|アインの思いへ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|店舗紹介へ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|お問い合せ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ
ブランド洋食器専門店のアイン/カートを見るブランド洋食器専門店のアイン/ログインブランド洋食器専門店のアイン/ご利用ガイドブランド洋食器専門店のアイン/よくある質問

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

CALENDAR

2020年2月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
2020年3月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

※赤字は休業日です

  • 残りわずか
商品コード:
MS2731243582C

マイセン 【ワトーグリーン】  兼用C/S C 30%Off

通常価格(税込):
385,000
販売価格(税込):
269,500
関連カテゴリ:
マイセン > スワンサービス/ワトーグリーン
アントワーヌ・ヴァトー(1684年 - 1721年)は、ロココ時代のフランスの画家。
18世紀のヨーロッパはロココの時代であり、前世紀のバロック様式に代わって、曲線的、装飾的で甘美なロココ様式が全盛となった。絵画の主題においても歴史画や宗教画から、男女の愛の駆け引きを主題にした風俗画が目立つようになる。
「雅びな宴」(フェート・ギャラント、fêtes galantes)の画家と呼ばれるヴァトーは、若くして亡くなったが、18世紀フランスのロココ様式を代表する画家と見なされている。
アントワーヌ・ヴァトー - 水浴するディアナ 1715 - 1716
アントワーヌ・ヴァトー - 水浴するディアナ 1715 - 1716
神話からモチーフを取ったヴァトーの代表作。ローマ神話からで、主神ユピテルとティーターン(巨人)神族の娘レトとの間に生まれた双子の1人で、多産や狩猟を象徴する地母神であり純血の象徴である女神ディアナが水浴する場面である。後に月の女神にも。足首あたりを白い布で拭く姿は艶かしく、生き生きした光沢もあり非常に官能的である。

ジャン=アントワーヌ・ヴァトー アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像1718
ジャン=アントワーヌ・ヴァトー アントワーヌ・ド・ラ・ロックの肖像 1718
アントワーヌ・ド・ラ・ロックは、ヴァトーの友人で、戦争で片足を失ったのを機に、その文才を生かして雑誌『メルキュール・ド・フランス』誌の編集長やオペラの台本作家として活躍した人物。彼の傍らにある楽器や書物は、彼のこの第二の人生を連想させる。また、画面右側に描かれたミューズやファウヌスによって、寓意的・神話的な雰囲気が生まれている。友人の肖像であると同時に神話画的な雰囲気も併せ持つユニークな作品。田園牧歌趣味をロココ的に発展させ、雅宴画のジャンルを開いたヴァトーの確かな腕が光る名作。

ワトー(ヴァトー)の「トワレ(生理的)身繕い インタイム」
ワトー(ヴァトー)の「トワレ(生理的)身繕い インタイム」
『風姿花伝』 室町時代初期の猿楽師世阿弥が父観阿弥の教えにもとづいて書いた理論書です。世阿弥は「花と 面白きと めづらしきと、これ三つは同じ心なり」と書いています。
曰く 秘する花を知ること。秘すれば花なり、秘せずば花なるべからず、となり。
利休は 茶室に続く小道の落ち葉を掃き清めて客を迎えるに 掃き清めた後に2.3枚の落ち葉をさりげなく散らしたそうです。利休の侘び寂びの心です。谷崎潤一郎の「陰影礼賛」 皆然り。
間仕切りのないトイレがあったり モーツァルトのスカトロジーは有名です。日本人から見れば露悪趣味としか言えません。
と言いたいところですが今の東洋人に 慎みは無縁になってきているのでは・・・・・・・。素人の女の子が平気でポルノに出演します。まるで出演のお誘いがないと自分はそれほどのブスかと僻むがおち? 今 巷を騒がすリベンジ(雪辱を知らず ら抜き言葉が主流の若人。昨日の新聞発表)ポルノてなんですか。愛は永遠と信じていたというのですか? 離婚率が高いのを知りませんか? 東洋人の恥の文化 一概に良いとは言いませんが 少しはねー。きりがないのでここらでやめときます。

マイセン 【ワトーグリーン】 兼用C/S 3幅各1客の  写真は コチラをクリック してください。

手描き本金彩(セーヴルでも 金彩は 銅版転写です)

フランス・ロココの大家 アントワーヌ・ワトー原画

ヨハン・ヨアヒム・ケンドラー原作 
窓枠レリーフ エンツゥィーステッドハンドル
レリーフのあるこったシェープに 更にふんだんな金彩花を添えて フランスはセーブルに 負けじとの大力作

1720年 ヘロルトが パキエの窯を抜けてきた頃の マイセンの絵付けは 一流とは言い難く ベトガーや シュテルツェルらが 開発した顔料の色数も 貧相なものでした。(ベトガーが 持て余した白磁の多くは 磁器街道と呼ばれた水路を通って アウグスブルグのハウスマーレライ・無所属の絵付師らに 売り渡されておりました。マイセン社史では 贋作に手を貸す この不名誉な事は あえて触れられておりません。) ヘロルトは パキエの窯から持ち出した フンガーの顔料に 自らも開発した顔料を以って 彼独特のシノワズリを確立していきました。ヘロルトのシノワズリは 欧州にて高い評価を受け 果てには 本家中国にまで 影響を及ぼすほどでした。さらに進み アウグスト王が 余白の美が美しいと 絶賛する柿右衛門(ヨーロッパにおいて高値を呼んだ)にも 臆せず挑み 王の満足するヘロルトの柿右衛門は マイセンの名声を弥が上にも高めました。
セーヴルとしては フリット軟質磁器で シノワズリを追っても 中国は勿論 マイセンにも 勝ち目の無いのは 明らかです。やがて時代は セーヴルの欧風ロココが シノワズリ・バロックのマイセンを旧となし 新潮流となっていきました。(結局 セーヴルは 捜し求めた カオリンを 1768年に リモージュ近郊の サン・イリョーで 発見するまで 硬質磁器を 焼成出来ませんでした)
マリアテレジアのウィーン窯も フランスロココの模倣から 独自のウィーン様式を確立し18世紀中葉には マイセンに代わり セーヴルと並んで  時代をリードしていきました。磁器において先行したアウグスト3世も 美術に造詣の深い王で 逸早く ロココの時代を予見しておりました。1750年 3世は 娘マリア・ヨゼファが フランス王太子に嫁ぐ時 マイセンの贈り物を制作したケンドラーを 設置者名目で 偵察に出しました。ケンドラーは ロココの資料を持ち帰り 模倣を始めるのですが それは遂に セーヴルを超える事はありませんでした。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。