• ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|ホームへ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|アインの思いへ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|店舗紹介へ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ|お問い合せ
  • ブランド洋食器専門店のアイン/商品詳細ページ
ブランド洋食器専門店のアイン/カートを見るブランド洋食器専門店のアイン/ログインブランド洋食器専門店のアイン/ご利用ガイドブランド洋食器専門店のアイン/よくある質問

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

商品カテゴリー

CALENDAR

2019年6月の定休日
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
2019年7月の定休日
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

※赤字は休業日です

  • 残りわずか
商品コード:
RGIPFT3528

リチャードジノリ 【インペロフルーツ】 ポット 1.2L 30%Off

通常価格(税込):
97,200
販売価格(税込):
68,040
関連カテゴリ:
リチャードジノリ > インペロフルーツ


ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、
ジャック・オー・ランタン2
ジャック・オー・ランタン
子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。
キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対してはキリスト教からは容認から批判まで様々な見解がある。
ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャ(アメリカ大陸の発見以前はカブが用いられた。)をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタンを作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては トリック・オア・トリート「お菓子をくれないと悪戯するよ」または「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよい。
カトリック教会の諸聖人の日がハロウィンに重なる形で設定されており、これを「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を取り込んだ」とする見解と、「カトリック教会が(キリスト教からみて)異教の祭を潰すために設定した」とする見解とがある。いずれにしてもハロウィンは元々キリスト教の祭では無かったことが両見解の前提となっている。
サムハインからハロウィーンまで2
サムハインからハロウィーンまで
古代ケルトのドルイドの信仰では、新年の始まりは冬の季節の始まりである11月1日のサムハイン祭であった。この収穫祭は毎年現在の暦で言えば10月31日の夜に始まった。アイルランドと英国のドルイド祭司たちは、かがり火を焚き、作物と動物の犠牲を捧げた。また、ドルイド祭司たちが火のまわりで踊るとともに、太陽の季節が過ぎ去り、暗闇の季節が始まった。11月1日の朝が来ると、ドルイド祭司は、各家庭にこの火から燃えさしを与えた。各家族は、この火を家に持ち帰り、かまどの火を新しくつけて家を暖め、悪いシー(ケルト神話の妖精。バンシーは女の妖精)などが入らないようにする。1年のこの時期には、この世と霊界との間に目に見えない「門」が開き、この両方の世界の間で自由に行き来が可能となると信じられていたからである。祭典ではかがり火が大きな役割を演じた。村民たちは、屠殺した牛の骨を炎の上に投げ込んだ。かがり火が燃え上がると、村人たちは他のすべての火を消した。その後、各家族は厳粛にこの共通の炎から炉床に火をつけた。
サムハイン
サムハインからハロウィンまで
従来、ローマ人は11月1日頃に果実・果樹・果樹園の女神でリンゴをシンボルとしていた女神ポーモーナを讃える祭りを祝っていたと考えられており、紀元1世紀にブリテン島に侵入した以降はケルト地域にポーモーナの祭りをもたらしたと言われていた。
ハロウィンの行事としてダック・アップル(リンゴ食い競争)が行われるのはその由縁からと考えられ、またハロウィンのシンボルカラーである黒とオレンジのうち、オレンジはポーモーナに由来するとの説がある。また古代ローマの祖霊祭パレンタリアからの影響も指摘されている。ハロウィンの習慣は、イングランド南部では17世紀以降、11月5日の火薬陰謀事件の記念日(ガイ・フォークス・ナイト)に置き換わり、廃れた。しかしながら、スコットランド・アイルランド・マン島・ウェールズでは引き続き広く普及していた。
ハロウィンがアメリカの年鑑に祝祭日として記録されたのは19世紀初頭以降のことである。ニューイングランドのピューリタンなどはハロウィンに強く反対する立場であり、19世紀になりアイルランドおよびスコットランドから大量に移民が到着するまでは、ハロウィンが本格的に定着することはなかった。ハロウィンは19世紀半ばまで特定の移民共同体の内でだけの行事として行われていたが、徐々にアメリカの「主流社会」に受け容れられるように、20世紀初頭には、社会的、人種的、宗教的背景に関係なく、アメリカのほとんどの人々に受け入れられ、東海岸から西海岸へ広まった。そして、世界各国で軍事的・経済的に活動するアメリカ人が増えるのにともない、そうした場所で、アメリカ風のハロウィンの風習も広がることになった。

「遥かなるルネサンス」展 天正遣欧少年使節  神戸で開催中
ビア・デ・メディチ(ブロンズィーノ)1542
『ビア・デ・メディチの肖像』 アーニョロ・ブロンズィーノ 1542
アーニョロ・ブロンズィーノ(1503年 - 1572年)は、マニエリスム期のイタリア・フィレンツェの画家。ブロンズィーノという愛称は、恐らく彼の髪の色であった「青銅」色を意味するイタリア語“ブロンゾ”に由来する。メディチ家のフィレンツェ公コジモ1世の宮廷画家として活躍する。「愛の勝利の寓意」に代表される画風は、極めて知的・技巧的で洗練された美しさに満ちている。

愛の勝利の寓意 1545 ロンドン、ナショナル・ギャラリー
「愛の勝利の寓意」 アーニョロ・ブロンズィーノ 1545 ロンドン、ナショナル・ギャラリー
アレゴリー(英: Allegory)とは、抽象的なことがらを具体化する表現技法の一つで、おもに絵画、詩文などの表現芸術の分野で駆使される。 意味としては比喩(ひゆ)に近いが日本語では寓意、もしくは寓意像と訳される。 詩歌においては「諷喩」とほぼ同等の意味を持つ。 また、イソップ寓話に代表される置き換えられた象徴である。

1760年頃 豊なトスカーナの別荘用にとの 貴族の注文により ボッティチエリの 「 春 」 を思わす この銘作が 出来ました。

RG プリマベーラ 絵
ボッティチエリの 『春(プリマヴェーラ)』
『春(プリマヴェーラ)』には六人の女性と二人の男性とキューピッドが描かれている。右端には、羽を持つ男性(ゼピュロス)に背後から襲われている、透けるような白色のドレスを着用した女性(クローリス)が描かれている。この男性の頬は膨らんでおり、決然とした表情をしている。さらにこの男性のみ他の人物とは異なって、超自然的な容姿で描かれている。周りの木々は男性が巻き起こす風に煽られて左へと撓んでいる、男性に襲われている女性が身に着けるドレスも同じ方向に煽られているが、左隣の女性がまとうドレスは逆の方向にたなびいている。この花模様のドレスをまとって花冠を被った女性(後のフローラ)が、ガウンの襞に集めた花を振り撒いている。画面左側には半透明のドレスをまとい、手を取り合って踊る三人の女性(三美神)が描かれ、そのうちの二人はネックレスで身を飾っている。最上部のオレンジの木々を背景にして キューピッドが番える弓矢は、この三人の女性を狙っているかのように描かれている。さらにその左には、剣と兜を身に着けて真紅の布を身体に巻きつけた青年(マーキュリ)が、霞のような灰色の雲に向かって木の枝を突き出している。この解釈では、画面右側のゼピュロスが象徴する世俗の愛と左側の三美神とは大きく隔絶していることになる。三美神のうち、背景に目を向けている中央の女神は、自身がキューピッドに狙いをつけられていることにも無関心である。中央の女神はマーキュリーの方を向いているが、マーキュリーは画面上部の擬人化されたプリマヴェーラに関係がある雲に視線を注いている。
三美神
手を取り合って踊る三美神。
画面中央には、ほかの人物たちから孤立しているような印象を与える女性(女神ヴィーナス)が描かれている。赤色のガウンと青色のドレスを身にまとったこの女性は、鑑賞者の視線をまっすぐに見つめ返している。女性の背後の木々はアーチ状に表現され、鑑賞者の視線を中央に集める役割を果たしている。周囲の風景は極めて精緻に表現されており、500種類以上の植物と190種類ほどの様々な花が描かれている。さらに描かれている190種類の花々のうち少なくとも130種類については、実在するどの花なのかを特定できると言われている。
『春(プリマヴェーラ)』の全体的な画面構成は、当時人気があったフランドルのタペストリーによく似ている。
フランドル3 
フランドル タピストリー

メインは プルーンですが 反対面のメインは 珍しいカボチャです。

伊名 インペロペルージャ

ドッチア窯の 金ロゴ(ジノリの 誇りの金印)
リチャードジノリ代表高級認知品

インペロシェープ
ジノリを 代表する アンピール様式の花
(ネオクラシック後期 ナポレオン好みの 端正・簡潔な この様式が派生)

本金は 古色が付いています。
風格ある古色は捨てがたいのですが 軽く磨くとすぐ元の金ピカになります。

イタリアで初めて磁器焼成に成功したのは 1720年 ベネツィアのヴェッツィ兄弟窯でした。
次に 現存する ジノリが 1735年 フィレンツェ郊外の ドッチアに カルロ・ジノリ侯によって 開窯されました。

「欧州磁器戦争史 (リチャードジノリ)」 詳しくは コチラをクリック してください。
ウェッジウッド-1,2, の次に有ります。

「洋食器ーそれは交響楽(オーケストラ)です。」

そして それはヨーロッパ文化の論理的価値観の体現(具体的表現)にほかなりません。
各々が 各々を 最善に主張しながら 全体の場を 相乗的に盛り上げます。
洋食器は ヨーロッパの 論理的価値観が生み出した 交響楽 そのものです。
洋食器店 そう呼べるのが アインです。
なぜ アインが?
それは まごうことなき洋食器が 所を得て キラ星の如くあるからです。
作る人 商う人 購う人 この三者の 苦しくも 楽しき努力は 
振舞われる人の いともたやすき理解 感嘆となるでしょう。
オーケストラ それは洋食器です。
されど洋食器の殿堂 それは黙して奏でます。
美しき妖精達は 美しき日本の貴方の琴線に 触れずにはおかないでしょう。
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。